ログイン  入会お申込       トップページ
※当サイトのご利用について
・当サイトに掲載しております情報はご参考までとします。情報の閲覧・ご利用はご自身の判断と責任でご利用ください。
・当サイトの情報等の利用により損害・不利益が生じたとしても無錫日商倶楽部は賠償する責任を負わないものとします。
・当サイトは予告なしに掲載されている情報を変更することがありますので、あらかじめご了承ください。
現在位置:トップページ > 無錫初心者
無錫お土産
項目 ご紹介
無錫お土産 ●泥人形 泥人形は中国で最も歴史を持つ一般的な民間芸術で、無錫恵山泥人形は1000年以上の歴史を持ち、2006年に第1陣中国国家級非物質文化遺産に正式登録された。
“泥人形の郷”に位置する無錫の中国泥人形博物館は無錫泥人形工場跡に建設され全国泥人形界で最高規格,最も展示品の多い博物館として、天津,河北,広東等の全国13の産地からの5,000体近い泥人形を収蔵され、近現代の作品以外に、漢代,隋唐等の時代の古典代表作もある。
建物の面積は11163平方メートルで、 なんと日本の建築家(一級建築士)隈 研吾さんのデザイン案で建てられた。
紹介によると、泥人形博物館完成後には、無錫恵山古鎮文化旅行体験の1大人気スポットとして、さらには全国各地の泥人形文化や国際泥人形文化の交流拠点として、中国泥人形のブラント影響力を強大にするという。
●茶器 中国語で「紫砂壺」という。
紫砂壺とは江蘇省無錫市宜興で生産されてきた素焼きの急須を指す。宜興の古壷には「荊渓」あるいは「陽羨」という字句が入っているが、春秋戦国時代は、宜興を「荊渓」と呼んでおり,秦代と漢代では、「陽羨」と呼ばれ、宋代に「宜興」と呼ばれるようになったという。